どのような土地でも快適に住める|狭小住宅がお勧め

自然を活かした高気密住宅

住宅

シンプルかつナチュラル

近年の日本の注文住宅は、機能性を追い求めるだけでなく、いかに家の中が快適であるかを考えて建築されてくるようになってきました。快適さは冬暖かく、夏は涼しいのような物理的なものだけでなく、いつまでの家の中にいたくなるほどの居心地の良さといった精神的なものも含みます。北欧住宅は寒い冬を長い間家の中で快適に暮らせるように考えられていて、一言で言うとシンプルかつナチュラルな家ということができます。日本と北欧は自然環境や文化が良く似ていると言われています。国土には森林が多く、豊かな木材を利用して、北欧も日本も木造の住宅が多くなっています。日本の住宅も自然の風や太陽を活かすような建て方をしていますが、北欧住宅も窓を大きく取ったり、大きな三角屋根で日光を取り入れるようにしています。北欧住宅の外観的特徴として大きな窓がありますが、窓は大きくすればするほど断熱性が損なわれてしまいます。しかし北欧住宅では日本でよく見かけるアルミサッシではなく、窓枠にも木材を使っています。木材は断熱性が高く、継ぎ目をしっかりさえすればすきま風が入ってくることもありません。窓ガラスも二重、三重ガラスを使えば窓の近くでも寒いと感じることはありません。北欧住宅は建物自体の高気密・高断熱性能も抜群です。北欧住宅は窓以外にも木材を住宅設備にも特徴的に使っています。玄関ドアや階段にもふんだんに利用しています。外装は白い外壁やレンガが多く使われていて、日本の住宅地にあってもセンスが良く、近所の人々からの評判も良いことが多いようです。